失恋 を 乗り越える 方法 男

どうやって気持ちを切り替えればいいの?

恋愛をすると、多くの場合失恋を経験する事になってしまうと思います。

 

やはり、自分に相応しい結婚相手を見つけるまでは沢山の異性と出会い、付き合い・別れを経験する事になると思います。

 

 

失恋はとても辛く悲しいですが、しかしそうしたものも乗り越えるようにしなければ、最終的に良い相手と出会えなくなってしまいますから、必ず乗り越える様にしましょう。

 

男性は特に傷つきやすくピュアな方が多いですから、別れたショックで潰れてしまわない様に注意しておきましょう。

 

 

ここでは失恋を乗り越える方法について紹介して行きたいと思います。


Sponsored Link

環境を変える

 

別れた相手の事を早く忘れてしまいたいなら、環境を変える様にしましょう。

 

いつもの道・同じ食べ物・趣味・遊び・出かける場所・見ているテレビ・生活パターン・住居・付き合う相手など、環境には様々なものがありますが、恋人と付き合っていた時のままの状態だと、色んな場所で思い出してしまいますから、別れを機に思い切って環境を変えてみると良いと思います。

 

そうやって新たな環境に身を置く様にすれば、新鮮な気持ちになれますし、様々な物事を楽しめて気持ちも切り替えて行けると思います。

 

 

新しい環境には元恋人との思い出はありませんから、何かの拍子に思い出して辛くなってしまうなんて事も防ぐ事が出来ます。

 

 

これとは逆に、貰ったものや思い出の品等をいつまでも部屋の視界に入る場所に置いて思い出に浸り続けるという事も出来ると思いますが、それをやってしまうといつまで経っても気持ちが切り替えられず、未練タラタラでいつまでも辛い思いをする事になってしまいます。

 

 

別れは辛いですが、長引かせれば長引かせる程苦しい期間も長くなってしまいますから、別れたら一刻も早くその状況から脱出するようにしましょう。

 

別れた時点からもう恋人は過去の人です。

 

 

気持ちを一新させて、新たな恋に向けての準備を進めて行く様にしましょう。

 

 

 

 

とことん反省して、その後は振り返らない

 

他に気を向けようと思ってもやはり簡単に出来るものではありません。

 

人間の感情はそんなに簡単に都合良く変える事が出来ません。。

 

 

ですから、失恋して悲しい内は、何かをするのでは無く一度とことん反省して振り返ってみるのも良いと思います。

 

 

関係がどれだけ続いたかにもよりますが、長ければ沢山反省出来る点はあると思います。

 

 

あの時はもっとああすべきだった、あの時こうしていればもっと違う結果になっていたかもしれない・自分のこういう所は直した方が良いと思う・相手のここが良かった・こんな所が好きだったなど、色んな事が考えられるはずです。

 

 

付き合っていた頃の事を思い出すのは辛いですが、しかし反省して行動を変えて行くようにすれば、次の恋ではもっと良い結果に繋げて行けるはずです。

 

 

一つの恋愛から学べる事は多いです。

 

そうやって反省して学んで行けば恋愛スキルが上がって行き、結婚へと進める恋愛も出来る様になって行くと思います。

 

 

恋愛から学ばなければ、同じような付き合いを繰り返して、何度も同様の失恋をしてしまう事になってしまいます。

 

 

ですから、そのような事にならない様に反省して恋愛を学ぶ様にしましょう。

 

そうやって次の恋愛の糧に出来たら、本当の意味で失恋を乗り越える事が出来たと言えると思いますし、付き合いも無駄ではなかったという事になります。

 

 

失恋に至った恋愛は全て練習だと思って、次の恋の糧にしていくようにしましょう。

 

 

 

 

期間を決めて失恋を乗り越える

 

失恋は時が解決してくれるというのは良く言われていることですが、これは全くその通りです。

 

大抵の失恋は一定の期間が経てば記憶も薄れて行き、傷も癒えてまた新たな恋愛に向けて動いて行ける様になると思います。

 

 

別れたての頃は焦って一日でも早く忘れたいと考えると思いますが、そう思えば思うほど辛くなってしまいますし、辛い気持ちはどうする事も出来ません。

 

 

ですから、無理に忘れようとしなくても良いと思います。

 

必ず時が癒してくれるのですから、恐れずに開き直って普通に生活していても大丈夫です。

 

 

そうしていれば辛かった気持ちもいつしか忘れてしまって、そんな時もあったなという状態になるはずです。

 

 

 

また、そうは言っても男性の場合は、いつまでも引きずって忘れられずに次に行けないという場合もあります。

 

幾ら時間が経っても全然状況が変わらないという場合は、期間を区切って意識的に気持ちを切り替えて行くようにしましょう。

 

 

 

一般的に、失恋の悲しみは半年も経てばかなり消えて無くなっていると思います。

 

ですから、これくらいの期間で忘れるという風に意識しておくと良いと思います。

 

 

時間が経過しても忘れられなさそうなら、乗り越えられる様に積極的に行動して行くようにしましょう。

 

 

半年を目処に考えておくと良いと思います。

 

 

 

好きな事に没頭する

 

失恋を忘れるには時間が必要なのですから、時間の使い方を工夫する様にすれば、悲しみに浸ることなく苦しい期間を乗り越える事が出来ます。

 

 

ですから、思い出して辛い時は、好きな事に没頭して行くようにしましょう。

 

 

好きな事に没頭するという事は、集中力をフル活用させるということですが、そうしていれば目の前の物事にしか頭を使いませんから、辛い失恋の入り込む余地など1ミリもありません。

 

 

本当に集中力の高い人は、好きな事に100%没頭していれば全然辛くないはずです。

 

そうやってどんどん時間を経過させて行けば、いつの間にか失恋の傷も癒えてしまっているはずです。

 

 

集中力をフル活用すれば、気が遠くなるような作業も一瞬と感じる事も出来ます。

 

辛い事も瞬時に忘れる事が出来ます。

 

 

これは一種の自己防衛のようなものでもあると思いますから、この力を上手く活用して失恋を乗り越えて行くようにしましょう。

 

 

 

おわりに

 

失恋して一番怖いのは、そのまま立ち止まって身動きが取れなくなってしまうことです。

 

そうなってしまうと、新たな出会いも得られなくなってしまいますし、将来結婚する道も絶たれてしまいます。

 

 

 

恋愛は一つの人間関係で、結婚は他人と家族になる行為です。

 

 

男女が協力して新たな家庭を作るのが結婚ですが、結婚したとしても紙切れ一枚でいつでも離婚する事が可能です。

 

そう考えると結婚は、どこか雇用契約のようなものにも似ていると考える事も出来ます。

 

 

実際に結婚となると経済的な問題も出て来ますから、この相手とは将来やっていけないと感じたらいつでも契約を抹消することが出来ます。

 

性格に問題があったり、一緒に生きていくのに何か障害があり、大きな不利益を被るという場合も即関係を破棄させることが出来ます。

 

お互いにその権利を持っています。

 

 

こう言ってしまうと安心など絶対に無いと絶望感で一杯になってしまうかもしれません。

 

ですが、人間関係に100%絶対なんていう事はありえませんし、だからこそ努力をし続けないといけないという風にも考えられると思います。

 

 

良好な関係を継続させる為にお互いに努力して行けば、関係が終わる事はありませんから、別れたくないなら常にそうした意識は持っておくようにした方が良いと思います。

 

 

また、そうした契約の上に成り立っている関係に過ぎないのですから、例え別れを突きつけられたとしても潰れてしまうという様な事ではいけません。

 

 

そうした状態は、相手に依存しすぎているとも取れますから、恋愛・結婚のやり方を見直す様にした方が良いです。

 

特別な異性だからと言って、寄りかかり過ぎたり依存しすぎてしまうと、相手もうんざりして疲れてしまいますから、そうならない様に注意が必要です。

 

 

 

友達でも毎日会って近づきすぎるとウンザリしてしまう様に、恋人とも適度な距離を取って付き合って行くことが恋愛を上手く行かせる秘訣です。

 

そういう関係を続けるには、どこかで冷静さを保って付き合う様にした方が上手くいきやすくなるとも思います。

 

 

何の束縛も強制も無く、一緒にいたいから一緒にいるというのが理想的ですから、そうした関係構築を目指して行くようにしましょう。

 

 

 

 

合わなくて別れてしまったのなら、もっと自分に合う相手を探す様にしましょう。

 

合わなくて別れた相手が自分の理想の相手だった・もうこんなに素晴らしい人には出会えないなんていう事は絶対にありませんから、悪い方に考えないで常に前向きに考える様にしましょう。

 

 

 

付き合いたい相手よりも、上手く付き合える相手が自分に相応しい相手です。

 

それを確かめるにはきちんと向き合って恋愛をする以外に方法はありませんから、良い相手と巡り会うべく、色んな人と会って恋愛するようにしましょう。

 
Sponsored Link