失恋 した けど まだ 好き

失恋したけどまだ好きな気持ちはどうやって断ち切れば良い?

失恋したけどまだ好きというのは、失恋したての状態だと良くある事だと思います。

 

特に自分が振った側ではなく、振られた側なら、自分から相手に別れを告げた訳ではありませんから、まだまだ相手の事が好きな気持ちが強く残っていると思います。

 

 

一方的に振られてしまったり、納得出来ない理由で別れてしまった場合は、好きな気持ちが消えないまま引きずってしまったり、長期間未練を残したまま苦しむ事も多いです。

 

 

一般的には、女性よりも男性の方が失恋を引きずりやすいと言われています。

 

なぜ男性の方が未練がましく相手を想い続けてしまうのかという理由は、男性は女性よりも一点集中型ですし、頑固で固執しやすく、依存する傾向も強いからです。

 

 

女性はコミュニケーション能力が高く柔軟性に優れていますが、男性は不器用ですから、気持ちの切り替えも女性より遅くなりやすいです。

 

 

この他にも、男性は個別保存型で女性は上書き更新型という事も関係しているという理由もあります。

 

男性は恋愛の思い出を、個別に記憶して行きますから、昔の彼女の事を思い出す機会も多いのだと思います。

 

 

これに対して、女性は上書き更新して行きますから、今付き合っている人がいたり、新たな好きな人が見つかれば、元彼の事を思い出したりはしにくい様です。

 

 

もちろん個人差はありますし、男性でも女性でも振られた側であるならば失恋を引きずってしまうとも思います。

 

これは仕方がありませんが、別れても好きという状態は、相手への依存度が高ければ高い程長引いてしまいますから、早く思いを断ち切りたいなら、なるだけ依存心を減らして行く様にした方が良いです。

 

 

また、恋人には当たり前に依存してしまうという人も沢山いると思いますが、依存される事を嫌う人も沢山いますから、行き過ぎない様に注意しておく事も大切です。

 

依存度が強いという自覚がある人は、今回の失恋を期に修正して行く様にしましょう。


Sponsored Link

依存しない様にするにはどうすれば良い?

 

依存しない様にするにはどうしたら良いのかという事が気になると思いますが、相手ありきになりすぎない様にすれば、深く依存しなくても済むようになると思います。

 

依存してしまうと、もう恋人がいなければ生きて行けないという風に考えてしまったり、自分の時間を持たずに、全て恋人の為に時間を費やしたりしてしまうと思いますが、こういう状態はあまり良い状態とは言えませんから、きちんと自分は自分でしっかりしておくようにしましょう。

 

 

恋人がいなければ生きていけないという風になってしまうと、パートナーはこちらの事を情けない人・頼りない人と思ってしまう可能性が高くなると思います。

 

やはり大人同士の恋愛なのですから、子供の様に甘えたりするのはあまり良くありません。

 

 

一緒に過ごす時間が長くなると、もういいかなと気を許して素のダメな自分を全てさらけ出したりしてしまいがちですが、これもやりすぎれば相手から舐められる原因となってしまいます。

 

やはり男女の関係は、お互い独立した人間同士の付き合いなのですから、その事を忘れない様にしておいたほうが良いです。

 

 

自分の意見を持たず、相手に迎合して、全ての決定権や主導権を与えてしまうと、いつの間にか見下されて価値の無い人間とだ思われてしまう危険性もありますから、そうならない様に注意しておきましょう。

 

もう二人は大丈夫だと思う事もあるかもしれませんが、人の心の内は良くわかりません。

 

 

どのような仲の良いカップルでも別れる時は別れますから、油断しすぎない様に気をつけておきましょう。

 

 

 

自分を大切にする

 

人を好きになりにくい人は、それはそれで問題ですが、他人に依存する事がない為、なかなか人を好きにならないのだと思います。

 

そういう人は、他人よりも自分を優先して行動しています。

 

 

行き過ぎると自己中心的・ワガママにもなってしまいますが、良い見方をすれば自立している・自分を大切にしていると見る事も出来ます。

 

自分を大切にしている人は、自分の事ばかりを考えています。

 

 

自分のやりたい事・趣味・予定・仕事の事など色々ありますが、基本的に自分を中心に物事を考えます。

 

こういう考え方をする人は、あまり人に迎合したりしませんし、言いたい事をズバっと言ったり、やりたい事をやりますから、行動的ですし異性からもモテます。

 

 

人を引っ張るタイプです。

 

 

人に依存して生きている人は、この逆で、人に合わせてばかりいて、自分の意見を持たず、言いたい事も言わず、やりたい事もなく人任せで、人に付いっていってばかりです。

 

こういうタイプの人は異性にモテにくいです。

 

 

また、自分を大切にしているのは前者です。

 

だから他人から魅力的に見えるのだとも思います。

 

 

何事もバランスが大切ですが、恋人がいようがいまいが、魅力的な自分でいるように努力しなければ上手くは行きません。

 

 

魅力的でなければ、意中の人に振り向いて貰えませんし、なかなか恋愛チャンスにも恵まれなくなってしまいます。

 

恋人がいたとしても、自分が魅力的ではなくなってしまったら、容赦なく恋人は自分の元を去って行くと思います。

 

 

自分が相手に対して愛想が尽きてしまったら、どのような状態であれ別れて去ろうとするはずですが、それは相手も同じ事なのですから、そうならない様に自分の魅力を落とさない様に常に意識しておくことが大切です。

 

 

自分を大切にする事が自分の魅力をアップさせる事に繋がって行きますので、相手の事ばかり考えず、自分の事を考える様にしましょう。

 

 

自分に集中出来れば、別れた元恋人が好きという気持ちも薄れて行くはずです。

 

 

 

おわりに

 

失恋したての頃は、元に戻りたいとその事ばかりを考えてしまうと思います。

 

楽しかった記憶・元恋人の優しかった所などを思い出して、あの人しかいないと何度も何度も考えて苦しむ事になると思いますが、そうした思い出は多くの場合美化されてしまっています。

 

 

こうしたフラッシュバックを起こさない様にするには、自分の生活を良いものにして満足出来る様にして行く事です。

 

毎日の生活が充実して幸せを実感する事が出来る様になれば、恋愛の辛い記憶も薄れて行くと思います。

 

 

失恋を乗り越えるには、新たな恋愛をするのが一番良いと言われていますが、これはそうする事でまた幸せを実感する事が出来る様になるからです。

 

 

なかなか好きだという気持ちは断ち切れないかもしれませんが、意識を他に向けて行くようにすればそんなに辛い思いをしなくても済む様になります。

 

怪我が痛い痛いと思っていても、スポーツに集中している時は、怪我の痛みも、怪我をした事すらも忘れて夢中になって取り組む事が出来ると思います。

 

 

ですから、そういう何かを見つけて取り組んで行く様にしましょう。

 

 

別れた恋人の事を好きだと思う気持ちも同じで、相手にスポットライトを当てて集中しているから好きだと感じるわけですし、いつまでも引きずってしまいます。

 

結局は慢性的に夢中になっている状態が人を好きになるという事ですから、夢中モードを解除すれば好きでは無くなりますし、新たな好きな人も現れます。

 

 

違う人に夢中になれば良いだけの話です。

 

アイドルの追っかけも同じ原理です。

 

 

また新たな魅力的な存在を見つける事が出来れば、気持ちはそっちに行きます。

 

 

 

今はこう書くと「えー」と感じるかもしれませんが、数年経って新たな好きな人と交際するようになれば、本当に今の失恋などどうでも良くなるはずです。

 

上書き更新タイプであれば、本当に二度と振り返る事はないでしょう。

 

 

恋とはそういうものにすぎませんから、自分位都合の良い様に解釈して、上手く乗り越えて行くようにしましょう。

 
Sponsored Link