失恋 うつ 男

うつ気味で辛い時はどうすれば良い?

失恋するとうつの様になってしまうことも珍しくはありません。

 

別れは勿論ですが、恋愛では時に生きる気力を失ってしまう事もあります。

 

 

失恋は中でも最もキツく苦しいものになりますから、ショックで精神を病んでしまったり、死んでしまいたいと思う事もあるかもしれません。

 

 

こうした事はありますが、幾ら辛いとは言え失恋も一つの人間関係にすぎない訳ですから、そうした事で心身の健康を害したり命に危険を及ぼす様な事があってはなりません。

 

家族関係でもいつかは別れが来ますし、親友でも夫婦でもどのような関係でも終わりはあります。

 

 

どんな人でも誰と付き合いがあっても、本当は人間はみんな一人なのですから、強く生きる気持ちを持っておかなければなりません。

 

一緒じゃないと生きて行けないというのは、愛情と考える事も出来ますが、行き過ぎれば依存となってしまいますし、依存は良い事ではありません。

 

 

お互いに恋人を必要とするのは良い事ですが、いなければ生きて行けないという事では困ってしまいます。

 

理想的なのはお互いに適度に独立・自立している状態ですから、そういう恋愛ができる様になるにはどうすれば良いのかを考えて行くと良いと思います。

 

 

 

うつになってしまうと、自分ではどうする事も出来ないかもしれませんが、恋愛は一つの人間関係にすぎず、また新たな好きな人も必ず見つける事が出来ると信じる事が出来れば死ぬほど落ち込むという事態にならずに済むはずです。

 

別れは新たな出会いの始まりなのですから、落ち込むだけ落ち込んだら気持ちを切り替えて復活に向けて動いて行きましょう。

 

 

ここではその為の方法・ヒントについて紹介して行きたいと思います。


Sponsored Link

新しい恋をすれば辛い気持ちは良き思い出になる

 

失恋には新しい恋をするのが一番という事は良く言われていますが、これは本当にそうだと思います。

 

また、別れたばかりでそんなに簡単に他の人の事など好きになれないとも思ってしまうかもしれません。

 

 

こう考えるのは普通ですが、別れてフリーになったのであれば、次の恋は自分のタイミングで自由にはじめる事が出来ますので、良い出会いがあれば恋愛をするという気持ちは持っておいた方が良いと思います。

 

失恋したときは、どうあってもフラれた方がキツイですし不利です。

 

 

恋愛は惚れた者が負けという言葉もありますが、その通りです。

 

好きな状態で別れたのであればいつまでも未練が残って気持ちを引きずってしまうと思いますが、しかしフッた方はもう新たな一歩を踏み出しているわけですから、自分も立ち止まらずに前に進んで行く様にしましょう。

 

 

今はまだ元恋人以外はどうでも良い人間だと思ってしまうかもしれませんが、自分に合う異性はごまんといます。

 

外に出て周りを見渡せば、自分の恋愛対象となる人には沢山出会えるはずです。

 

 

恋愛している時はこの人だと確信しているかもしれませんが、そんな事はありません。

 

もっともっと色んな人と恋愛出来ますし、もっともっと楽しい事もありますし、知らない世界もありますし、相性の合う人とも出会えます。

 

 

一つの関係が終わり、未来が閉ざされ絶望感で一杯になってしまうかもしれませんが、失ったと同時に新たな出会いのチャンスも生まれたのですからそんなに落ち込まなくても良いと思います。

 

 

知らない人と知り合いになり、話して意気投合して、一緒に感動体験をしていく内に人の気持ちは動いて行きます。

 

そうやってまた新たなこの人だと思える人に出会う事が出来ます。

 

 

新たな恋がスタートして関係も上手く行けば、必ず気持ちは上書き更新され、今が一番幸せという状態になります。

 

 

そうなれば失恋も過去のものとなり、辛い記憶は良き思い出に変わって行きます。

 

 

そうなれる様に必要な行動をして行きましょう。

 

 

 

どん底な状態は最悪だけど最悪じゃない

 

人生は山あり谷ありです。

 

谷の方が多いという方も多いですが、恐らく谷でした辛い体験は深く記憶に残るためそう感じるだけで、実際は山の分だけ谷もあると思います。

 

 

別れがあったら出会いがある様に、必ず悪い事の次には良い事が待っています。

 

そう考えられなければ生きる気力が湧いて来なくなってしまいますから、どんな時も希望を失わない様にしましょう。

 

 

 

どん底というのは本当に辛く最悪だと思ってしまうかもしれませんが、どん底の底の底にいるという事は、もうそれ以下は無く後は這い上がるだけの状態ですから、そう考えられる様になると決して最悪ではないと思える様になるはずです。

 

 

億という借金を抱えてしまった…なんていう事になると、人生のどん底でもう死んでしまおうと考えるかもしれませんが、逆にもう怖いものなしとそこから劇的な復活劇を見せる方も沢山います。

 

さんまさんなんかもバブル期にマイホームを購入して、バブルがはじけ、一瞬で数億という借金を抱えたそうですが、その反動で頑張って喋り続けた結果、芸能界の頂点にまで上り詰め現在の不動の地位を手に入れる事が出来たと言われています。

 

 

ピンチはチャンスというのは本当にその通りです。

 

 

諦めさえしなければどんな危機も乗り越える事が出来ますし、逆に挽回する事も可能です。

 

 

どん底は辛いですが、もう這い上がるだけだと覚悟を決めれば必ずプラスに転じて行きます。

 

諦めたら一生どん底のまま辛いままになってしまいますからそういう事にならない様に気持ちを強く持って行くようにしましょう。

 

 

 

別れはチャンス

 

別れはその時は100%不幸な出来事だとしか受け止める事が出来ないかもしれませんが、絶対にそんな事はありません。

 

もしかしたら自分に何か問題があり、そのせいでフラれてしまったのかもしれませんが、そうなのであれば、この失恋を期に自分の問題点を修正するようにしましょう。

 

 

そうやって自分の問題点を克服する事が出来れば、人として成長出来ますし、恋愛スキルも向上します。

 

 

成長して魅力的な人間になる事が出来れば、より良い人との恋愛も可能になります。

 

 

人の出会いや別れというものには必ず何らかの意味があると言われています。

 

たった1月しか付き合わなかった人でも、長年付き合った人でも必ず自分に何かしらの影響を与えているはずです。

 

 

そこから何かを掴み取って学んで糧として行く事で、最終的に人生を共に歩む伴侶との出会いへと繋がって行きます。

 

 

全ての恋愛は結婚の為の予行演習なのですから、その様に考えて乗り越えて行くようにしましょう。

 

 

未来に良き伴侶に出会える様に、恋愛から学んだ事をしっかり自分の中で消化して行きましょう。

 

 

 

おわりに

 

男性は女性に比べて恋愛を長く引きずってしまいがちですし、ロマンチストな方が多く、純愛を貫き通し、もう次の恋をしないなんていう風に考えていつまでもどん底のままの状態を維持し続ける方も沢山います。

 

そうやって生涯独身となってしまったり、うつになってまともな生活が出来なくなってしまったり、命を落としてしまうという事もあると思いますが、そこまで恋愛に強い思い入れを持たない様にした方が良いのかなとも思います。

 

 

動物の世界では、より良い伴侶を得る為にオス同士が戦って命を落としたり、負けたら伴侶を得られず子孫も残せず死んでいくというのがわりかし当たり前ですから、失恋で生きる気力を失ってしまうというのもわからない話では無いです。

 

ですが、人間は動物とは違い、本能のみで生きているわけではなく、理性や知恵があるのですから、そこを使って上手く乗り越える様にしましょう。

 

 

 

男性は恋愛においては、付き合う相手を見た目重視で選ぶ傾向があると思います。

 

ですから、若く美しい女性を恋愛パートナーに選びたいと考えると思いますし、そういう女性に一目惚れしたり好きになる事が多いはずです。

 

 

男性が女性を好きになるメカニズムは言ってみればこれだけです。

 

ただ見た目が気に入って、自分のものにしたいと思ったという欲求があるというそれだけの事です。

 

 

 

また、男性のストライクゾーンは広いですから、見た目が気に入る女性は沢山いると思います。

 

という事はつまり恋人候補となる女性はそこらじゅうにいるという事です。

 

 

ですから何も気に病む必要はありません。

 

またすぐに好きだと思える相手は見つかるはずです。

 

 

 

そして、恋愛は見た目重視ですが、結婚となるとそれプラス中身重視か、もしくは中身のみ重視という風に変わって来ます。

 

これはどうしてなのかというと、恋愛と結婚の違いに気が付くからです。

 

 

恋愛はたまの休みにデートする程度の軽い付き合いですが、結婚は一つ屋根の下に一緒に住む共同生活となるわけですし、子供を産み一緒に育てる家族となるわけですから、そう考えると全く別物だという事がわかります。

 

 

こうした違いがありますから、冷静な男性は見た目の善し悪しのみでパートナーを選ばなくなります。

 

 

今は若く綺麗でも、必ず外見は年を取って劣化しますし、そうなると中身が合わなければ後々愛せなくなります。

 

恋愛結婚の方が離婚率が高いというのは、恋愛の延長線上で結婚してしまうからだと思います。

 

 

 

なぜこんな話をするのかというと、長い目で見ると一つの失恋が大した事ないものと思えて来るからです。

 

今最高に好きだった人と別れて絶望的になっていたとしても、本当に結婚を意識しはじめた時には、自分の相手を選ぶ基準も大きく変わって来るはずですし、そうなるとその時には、今別れた元恋人がベストパートナーだったとも思えなくなる可能性も高いです。

 

 

どのタイミングで誰と結ばれるかはわかりませんが、その時にはその時の価値観があり、選ぶ相手がいると思います。

 

このように、自分が良いと思う相手の価値基準は大きく変わるものですから、必ずまた好きになれる人は現れます。

 

 

ですから、出会った時に上手く行く様に、準備をしっかり整えておくようにしましょう。

 
Sponsored Link