失恋 忘れ 方 片思い

失恋の忘れ方…

失恋にも様々な形があると思いますが、その中の一つとして、片思いの状態での失恋があります。

 

片思いの状態での失恋は、自分の想いが届かない状態ですからとても辛いですし、忘れるのにもかなりの時間を要します。

 

 

そう考えると、付き合っていた状態から別れるよりも辛いとも言えますし、長く引きずってしまいますからタチが悪いです。

 

 

なかなか相手の事を想う気持ちを無くすのは難しいと思いますが、しかし延々追いかけ続けても叶わぬ恋が実る事はありませんから、どこかでケジメを付ける様にした方がよいです。

 

人は年老いて行きますし、恋活・婚活がしやすい時期というのは限られていますから、今という時間を大事にして行くようにした方がよいです。

 

 

ここでは、片思いの相手を忘れる方法・ヒントについて紹介して行きたいと思います。


Sponsored Link

気持ちを伝えてダメならバッサリと切る

 

中途半端にいつまでも引きずってしまう人は、告白や気持ちを告げる事をせずにダラダラと相手の事を想い続けている状態を継続させてしまいがちです。

 

そして、もしかしたらという淡い期待を抱き続けて、それをモチベーションにして相手の事を好きでい続けていると思います。

 

 

こうやってどこまでも相手の事を追いかけ続けてしまうと思いますが、恋愛は白か黒かの二つに一つですから、ダメなものはどれだけ待っても何をしても上手くは行きません。

 

こればっかりは仕方がありませんから、勇気を出して相手に気持ちを告げて、ハッキリ明確な答えを貰いケジメを付ける様にした方が良いです。

 

 

相手に気持ちを伝えれば、ハッキリ好きか嫌いかの答えは出ますから、後先考えず今の気持ちを伝える様にした方が良いです。

 

 

それでダメなら潔く諦めましょう。

 

 

 

恋愛においての勘違いというものは良くあります。

 

待っていればひょっとしたらいつか振り向いてくれるかも知れないという期待も持っていると思います。

 

 

自分の事が気になっているに違いないなど、様々な事を考えると思いますが、恋に夢中になっていると冷静な判断は出来なくなってしまいますから、勘違いもしやすくなってしまいます。

 

 

学生時代にずっと両思いだと思っていた関係を、大人になってあとから聞いたら実は全く違う人が好きだったなんていう話は良くあることです。

 

ですから、こうした勘違いを防ぐ為にも本人に直接気持ちを告げる様にした方が良いです。

 

 

そして振られてしまったら、キッパリ諦める様にしましょう。

 

 

人には好みがありますし、運命のようなものもありますから、付き合えない相手は絶対に付き合う事は出来ません。

 

 

また逆に付き合える相手は何をどうやっても付き合えると思います。

 

 

ですから、現時点で振られたのなら、キッパリ諦めて次の恋を探す様にしましょう。

 

恋活・婚活出来る時期は限られていますから、貴重な時間を無駄にしないように、気持ちを切り替えて恋愛するようにしましょう。

 

 

 

将来を考える

 

片思いの相手に夢中になっていると、冷静さを失う事もありますので注意が必要です。

 

物欲と同じで、手に入れる事が難しそうなもの程欲しくなってしまいますし、とても価値があるものにも見えてしまいます。

 

 

片思いの状態は、このように相手を美化するフィルターを掛けて見てしまっている場合がほとんどですから、なるだけそうしたフィルターを解除させる様にした方が良いですし、色眼鏡は外して相手をみることが大切です。

 

 

例えば男性の場合は、男心をくすぐられますから、か弱い女性に惹かれやすい傾向があると思いますが、実際にそういう女性と結婚する事になったら生活はかなり大変です。

 

相手の事を好きになった時は、自分がボロボロになっても彼女を守ると、雨槍の中をも飛び込む決意を持って相手を求めるかもしれませんが、恋愛はそれで良くても実際に結婚となると上手くはいかない場合がほとんどだと思います。

 

 

 

度合いにもよりますが、か弱すぎて仕事も出来ないという事になれば、専業主婦になりますから、その時点で大きな経済力が求められる事になります。

 

年収200万円も無いのに結婚して妻を食べさせて、子供も作ってマイホームを購入して普通に幸せな家庭を築くなんて事は不可能ですから、そこは冷静に考える様にした方が良いです。

 

 

恋愛の時点では我武者羅に相手が好きというだけで関係を続けて行けば良いですが、結婚して生活を共にする様になると、お金が無ければ生活は苦しくなりますし、極貧生活になれば自由も制限され、喧嘩も増えて、生活が破綻し、離婚問題へと繋がってしまいます。

 

 

 

恋愛と結婚は全くの別物と言われているのは、こうしたリアルな生活があるからです。

 

 

恋愛は相手が好き・外見が好みというだけでする事が出来ますが、結婚となるとそれだけでは上手くは行きません。

 

例え大好きな相手でも、何かしら障害となる問題を抱えていたら、その相手のとの結婚は考えなければなりません。

 

 

 

何にしても選ぶ相手は、生活が破綻しない相手で自分とバランスの取れる相手を選ばなければ絶対に上手くは行きません。

 

 

片思い中は、こうした先の事を考える余裕は無いかもしれませんが、多くの場合こうしたリアルな未来を全く考えずに相手の事をイメージで好きになり追いかけていると思います。

 

 

冷静に将来をイメージすると、自分が選ぶべき相手は全く別の人かもしれませんので、そこの所はじっくり考えてみましょう。

 

 

相手が自分に相応しくないと思えたら、ひょっとすると一瞬で忘れることが出来るかもしれません。

 

フィルターが取れれば冷静に判断出来る様になると思います。

 

 

 

 

連絡手段は全てシャットアウト

 

片思いで失恋した人の中には、いつまでも友達の様な曖昧な関係を続けて行くという方も中にはいると思いますが、それでは辛いだけですから、失恋後は完全に連絡手段をシャットアウトして出来れば顔も合わせないようにした方が良いです。

 

やはり連絡を取ると、また淡い期待を抱いてしまいます。

 

 

例え普通の事でも、自分は相手に気があるのですから、連絡があれば喜びますし、優しくされると更に好きになってしまうと思います。

 

こんな状態は、ドキドキして心地よいかもしれませんが、結局感情を揺さぶられるだけで実らないのであれば虚しいだけですから、キッパリ離れて距離を置く様にした方が良いです。

 

 

相手の事を思い出してしまう様なものも、視界に入る場所に置かない様にしておきましょう。

 

 

そういうものがあると、思い出して辛いですし、いつまでも忘れることが出来ません。

 

失恋後引きずりたくないのなら、好きな人を思い出さない様に素早く環境を整える様にしましょう。

 

 

 

おわりに

 

あまり恋愛をした経験が無い方は、なかなか気持ちを切り替えることができずに、長く引きずってしまうと思います。

 

こうした事はありますが、しかし多くの場合、時間が経ってあとから考えると相手の事はどうでも良くなると思います。

 

 

中には、良くあの時あんな人の事好きになったなと思う事もあると思います。

 

人の好みは変わりますし、価値観も変わります。

 

 

特に20代以降は、結婚を意識する様になりますから、大きく価値観が変わって行くと思います。

 

多くの方が、パートナーに外見的な魅力よりも中身を求める様に変わって行くと思います。

 

 

これは、外見的魅力は歳と共に衰えて行く事をなんとなく理解するからです。

 

20代中頃が若さのピークですが、若さだけで異性を惹きつけていた人は、若さを失ったあとにはとても苦労する事になってしまいます。

 

 

イケメン・美女でも30代以降で経済力も中身も無いという事では誰からも相手にされなくなってしまいますし、例え付き合っている相手がいたとしても、そのままでいたのでは関係は破綻してしまうと思います。

 

そうならない様にするには、年相応の魅力を身につけて行く努力をする事です。

 

 

こうした意識を持っていなければ、良い恋愛は出来なくなってしまいます。

 

 

 

 

また、人の魅力は最終的には中身にありますから、外見に惹かれて好きになった相手の事などはそんなに恋焦がれない様にした方が良いです。

 

外見が好き=中身は全く考慮していない訳ですから、本当のその人の事を見ていないという事になりますし、全然あてになりません。

 

 

恐らく多くの場合そんな状態で付き合っても上手くは行きません。

 

中身が自分と合わなければ恋愛は上手く行きませんし、結婚まで進む事も出来ないと思います。

 

 

 

相手と上手く行くかどうかは、しばらく付き合ってみなければ決して判断することが出来ません。

 

ですから付き合えなかった相手は論外という事になります。

 

 

そんな相手を長い時間追いかけるなんていうのは全くの時間の無駄ですから、素晴く気持ちを切り替える様にしましょう。

 

 

 

 

恋愛はドラマや映画などでキレイに描かれていますが、リアルな恋愛はそんなに綺麗なものでもありませんし、創作物のように上手くは行きません。

 

 

恋愛の果てには結婚があり、一つの家族を作って共に暮らして行くというリアルな日常生活があるのですから、パートナーを探す時にはその事を忘れないようにしておきましょう。

 

 

ドキドキする大好きだと感じる異性でも、将来上手く行きそうに無い相手なら、違う相手と付き合う様にした方が良いです。

 

 

ただ異性と付き合うのと家族を作るのとでは全く相手を選ぶ基準は違って来ると思いますので、そこの所をじっくり考える様にしましょう。

 

ですから、付き合える相手とは付き合って、自分との相性を探ってみると良いと思います。

 

 

そうやっている内に、自分に相応しい相手が見つけられると思います。

 

 

 

そして、最終的には片思いの相手の事は、遠い過去の淡い恋愛の思い出になって行くと思います。

 

片思いの失恋とはそう言うものだと思いますので、今は辛いですけど乗り越えて行く様にしましょう。

 

 

くれぐれも、長期間引きずって多くの結婚に繋がるかも知れない出会いを逃すなんて事にならない様に注意しておきましょう。

 
Sponsored Link